MERCEDES C217

 

MERCEDES_C217_01

メルセデスベンツSクラスクーペ C217

従来のCLクラスがフルモデルチェンジしてSクラスクーペへと名前を変更されました。

この方が世界中の人たちに解りやすく最高級Sクラスのクーペ版だと強くアピール出来ると思います。

流れるような華麗なフォルムで息をのむ美しさを備えており私自身年末にディーラーに出向き、カタログ及び商談をして購入を考えていたぐらいです。本当にカッコいい!!

日本に上陸したモデルをすぐに購入して当社に持ってこられたお客様がいらっしゃったので早速預かり開発に当たりました。

セダンの中心辺りを短くしただけですぐにマフラーが出来ると思っていましたが、さすがはメルセデス。全然違います。本格的にクーペボディを新設計していました。リアタイコは横置きになっており、しかも全面カバーされており空力特性まで考えて制作していました。

MERCEDES_C217_02

ノーマルはとんでもない形をしていて、これは制作するのに苦労しそうです。勝手に作ったら後でカバーが装着出来なくなりそうです。

 

MERCEDES_C217_03 MERCEDES_C217_04

それではいつものように制作に入ります。

まずはやはりというかまたかというか、ノーマルマフラーの潰れ方が酷くて、バーを避ける為に潰れまくっています。これはパワーアップしそうです。

MERCEDES_C217_05 MERCEDES_C217_06

中間はセダンと同じで少し短くするだけと思っていましたが、また設計が違います。
純正との結合部の形状が左は同じで固定するように出来ていますが右側はオワン部分は同じでも前後に動くように出来ています。従来ベンツは皆この様に出来ていて装着時に左右のバランス、位置を動かすことが出来ベストな位置になった所でネジを締めつけて装着します。

MERCEDES_C217_07 MERCEDES_C217_08

このため中間ピースの左右はつながった状態になっています。そうでないと動く方が単独でスライドしてしまい路面とのヒットで最悪抜け落ちてしまいます。そのためこのマフラーは左右が一体でなんて大きいのでしょう!二人でも脱着は難しそうです。

セダンの方は左右が別々に分かれていますので中間の結合部は両方とも前後しないように出来ています。なんて素晴らしい設計でしょうね、さすが世界のメルセデスです。

ジョイントの制作をしていきます。左側はセダンと同じで右側は純正のパイプが少し入るようにオワンの後ろを拡大し口径を広げてやれば大丈夫。簡単に制作出来ました。

MERCEDES_C217_09 MERCEDES_C217_10
MERCEDES_C217_11 MERCEDES_C217_12

中間を左右別々に作っていき、完成したところで左右を連結、溶接して一体構造にします。これでないと右側の固定が出来ませんから。そして完成!

余談ですが、もしもこの車のマフラーが他のメーカーでリアピースを切断してのリアピース部分の左右別々のマフラーを発売したら大変危険です。左右が一体でしたら問題ありません。

そしていよいよリアピース。

これは一筋縄ではいきません。横置きにしてバルブ付きと無しの専用タイコを開発しないといけません。バルブ無はタイコの中は1系統でいいのですがバルブ付きは当然2系統必要です。バルブ側は直管にしないといけません。またバルブ側に向かって真っすぐ排気を入れたいです。スペース、レイアウトも考慮して何度も考えてやっと設計できました。

バルブ付きはタイコの中が2系統あるので左右のバイパスパイプも付けて、よりバランス、強度を持たせた最高級設計!バルブ無しは1系統なので左右別体でメンテナンスに優れた形状にしました。装着の自由度は別体の方が有利です。

両方とも当然カバーが綺麗に装着出来ないといけません。

そしてようやく完成!!本当に苦労しました。

MERCEDES_C217_13 MERCEDES_C217_14 MERCEDES_C217_15
MERCEDES_C217_16 MERCEDES_C217_17 MERCEDES_C217_18 MERCEDES_C217_19
続いてバルブ無しタイプ
MERCEDES_C217_20 MERCEDES_C217_21 MERCEDES_C217_22 MERCEDES_C217_23

この車は最初から63AMGリアディフューザーがセットされていましたので63用を制作しましたがノーマルディフューザー用ももちろんございます。購入の際はどちらかをご指定下さい。

価格はノーマルディフューザータイプが
バルブ無車検対応タイプ・・・ハーフステン238,000円(税別)、オールステン328,000円(税別)
バルブ付き競技用タイプ・・・ハーフステン298,000円(税別)、オールステン388,000円(税別)
バルブ付きリモートコントロール30,000円(税別)UPです。

63AMGディフューザータイプが
バルブ無車検対応タイプ・・・ハーフステン248,000円(税別)、オールステン338,000円(税別)
バルブ付き競技用タイプ・・・ハーフステン308,000円(税別)、オールステン398,000円(税別)
バルブ付きリモートコントロール30,000円(税別)UPです。

マフラーが完成したら本溶接のために外しますので、この間にバルブの配管、配線をしていきます。純正制御でしたらホースをそのまま差せば終わりなのですが、このお客様はリモコンコントロールを希望しました。したがってコントロールソレノイド装着、エンジンから負圧を持って来る、電源線を持って来る事の作業が必要ですので淳を追って各パートごと仕上げていきます。

まずはリア近くの空いてるスペースにソレノイドバルブを取り付けます。左右の配管が出しやすい位置を選んで取付します。

MERCEDES_C217_24

続いてエンジンから負圧を取り出し、ソレノイドまで持っていきます。

最近のエンジンは負圧が取れませんので、この車もキャニスターホースに割り込ませています。

MERCEDES_C217_25 MERCEDES_C217_26 MERCEDES_C217_27 MERCEDES_C217_28
MERCEDES_C217_29

エンジンルームから車体の下に配管が出るまでの部分にはしっかりと耐熱処理を施します。この細かい心使いが仕上げと耐久性に出てきますから。

最後にトランクルームに通じる目くら蓋を探してトランクルームに配線を持っていきます。そこからACC電源線を探して結線します。

そして完成!早速試乗に出かけます。

やはり中間以降の交換は走りの変化が分かり、気持ちのいい加速をします。これで15~20ps位パワーアップしていると思います。ただバルブを開けて直管にした時の音量が思ったほど出ていません。ターボエンジンですのでNAのように極端には大きくならなくて物足りません。仕方がないので設計しなおして直管側の通路を一回り太くします。
これで大丈夫!今度はメリハリが出てきました。やはりこうじゃないといけません。
美しいフォルムに気持ちのいい排気音。満足のマフラーが出来ました。
車検対応バルブ無マフラーも試乗しましたがエンジンを掛けた時から全体で排気音がちゃんと鳴ります。マフラー交換の主張はしっかりとあるのでこれでも十分満足して乗れると思います。

さて、いよいよフロントパイプを制作していきます。

スポーツ触媒をセットして究極のパワーアップを目指します。ここからはセダンと同じですので世伝の文章を張り付けておきます。ご了承ください。
この車は中間、リアの部分にバイパスパイプが無いためフロントパイプにあります。しかも先代と違いステーも多く本当に真剣な作りです。しかしこの複雑さのために外しにくいといったら尋常ではありません。脱着工賃だけでも2万円以上は掛かります。
ほとんどのベンツのフロントパイプはAFセンサー、O2センサーのカプラーがミッション下にありすぐに外れるのですが、この車はミッションの上にあります。全く手が入りません。仕方ないのでエンジンルーム側からトライしようとしましたがエンジン、補機類がぎちぎちに詰まっており全く手が入りません。仕方ないのでフランジ、ステーなどのネジを取り少し降ろしてスペースを確保しながら手探りで外します。配線が切れてしまわないように手が入るスペースを確保しながら、この状態ではカプラー部分を目で見て確認しながら出来ませんので手探りで外します。

私自身数多くのメルセデスに携わっていたためカプラーのピンの向き、外し方を熟知していたため外すことが出来ました。本当に大変、手が血だらけになりました。慣れていないと強引に外したり、センサー類を傷つけたりしますのでメルセデスの整備に精通しているショップさんに依頼してください。

黄色とその隣の2か所がカプラーです。写真に撮るのも分かりづらいのでいかに厳しい位置にあるのか分かると思います。

MERCEDES_C217_30 MERCEDES_C217_31
MERCEDES_C217_32 MERCEDES_C217_33 そして遂にフロントパイプが取り外しできました。

フランジはAMGとは異なり少し小さめです。新設計となりまた種類が増えました。
後はスポーツ触媒をセットして作っていきます。

そしてここでまた問題が・・・

AFセンサーは良いのですが、後ろのO2センサーの配線の長さが足りません。純正は触媒の中にセットされていますがアフターでは触媒のすぐ後ろに持ってきます。この少しの距離が足りません。仕方ないのでセンサー配線延長加工します。熱処理を完全にしないと高温のため危険です。

MERCEDES_C217_34 MERCEDES_C217_35 MERCEDES_C217_36
そしてやっと完成!!バイパスパイプをフランジで結び整備性をよくしました。 MERCEDES_C217_37 MERCEDES_C217_38

今までのメルセデスのフロントパイプと違いステーが純正状態で3か所もあり、非の打ちどころの無い純正設計になっております。したがって追加ステーなどは全く必要ありません。

この状態で取り付けしようとしたら右側は完璧ですが、左側が取り付けできません。AFセンサー台座が邪魔でフランジボルトが取り付け出来ません。そんな事分かり切っていますので慎重にAFセンサーの位置、角度を決めたはずなのに、です。

仕方ないので一度溶接を外し角度をずらして再度確認しました。これで大丈夫、簡単に取り付け出来ます。この車は本当に難しく、1点のみの位置、角度で決めないとフランジボルトが締まりません。狭くて見えない上にスペースもギリギリ、フランジボルトも30cm位のソケット延長棒が必要です。

苦労しましたがこれでやっと完成しました。

MERCEDES_C217_39 MERCEDES_C217_40 MERCEDES_C217_41

価格はスポーツ触媒付きフロントパイプが348,000円(税別)、O2センサー配線延長が15,000円(税別)、マフラー脱着工賃が24,000円(税別)です。

全てが完成し大変満足のいくマフラーが制作出来ました。苦労した分喜びも大きいです。きっと皆さんがご満足していただけると思いますのでどうかよろしくお願いいたします。

さてエンジンを掛けた瞬間から明らかに違う排気音、音質!これは触媒、フロントパイプ交換でしか得られない音質です。排気音も高まり、私自身の胸も高まります。
ここでアクセルを踏みたいのですが、いけません。この状態で全開をしてはエンジンを壊しかねません。したがってコンピューターセッティングが必ず必要です。
考えてみても80PS近くパワーアップしてノーマルの燃調では燃料が足りません。後日コンピューター書き換えをして詳しく走りを報告したいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

乱筆お許し下さい。

 
株式会社 ジースプロジェクト

代表取締役  澤村 淳

| このページのトップへ |