MERCEDES W212 (E Class)

 

MERCEDES_W212_01

 

メルセデスベンツ W212 (Eクラス)

先代の丸みを帯びた形からガラッと変わって角を主体にフルモデルチェンジ。メーカーがかなり冒険をした意欲作です。メルセデスの中核を担う主力モデルですが販売台数が落ち込んでしまったようです。しかし乗ってみるとその高いボディ剛性に感心し国産車には無いしっかりした乗り味が印象的でした。
マフラーを作ろうと思い現車を見るとリアエンドはディフューザーのためテールが作れませんし、平成22年から始まった加速騒音規制のため音量もあまり出せませんのでマフラー交換の醍醐味がほとんどありません。したがって最上級グレードのE63AMGルックのマフラーを製作しようと思います。
Cクラス同様最初から中間ピース付きで純正と完全ボルトオン。E63のリアアンダー部分を純正交換すれば見た目は本物のE63AMGです。

さて制作に入りますがすぐに難関に当たりました。当たり前ですがE63のテールが当社にはありません。凄く複雑な形状でこれを作るには大変な苦労をしそうです。
まずはお客様でCLS63に乗っている人がいますのでテールを採寸、精密な寸法取りをします。しかしまあ良くもこんなに複雑な形状をしているものです。そのままコピーでは苦情があってはいけませんので当社独自の形、製法、内面の処理をします。
図面の複雑さと言ったら本当に物凄い数値の数々、これを作るのは大変そうです。
ここですでに何カ月もかかってしまいなかなか開発が出来ませんでした。

ようやくテールの試作が出来いよいよ開発に取り掛かります。

なんとCLSと同じじゃないですか!まあ先代もそうでしたから予測はしておりましたので中間ピースは共通、リアピースのみ専用で開発していきます。

MERCEDES_W212_02

最初にリアアンダー部分をE63用に交換した後に作業に入ります。

テールの形状が複雑なため出口部分のマッチングに苦労しました。

MERCEDES_W212_03

そして型取りが完成。後はマフラー治具を作って製品を完成させます。

| このページのトップへ |

この車はE250なのでエンジンはC250と共通の1.8L TBエンジンです。したがって内部構造などのデータは既にありますのでそのまま使用します。
E350はV6のNAなのでTBと違い片側1.75Lの排圧が適正にかかるオリフィスを使い制作します。
E550は新開発ツインターボエンジンなのですが今現在は開発していないため未設定です。
ここで走りや音に影響のあるマフラーの構造を説明したいと思います。

MERCEDES_W212_04

皆様もご存じのとおりエンジンが、TB、V6(3.5L)がありますのでそれぞれ専用開発、専用構造のタイコ内部でない事にはパワーアップしませんし、音も全然違ってきます。私が作るのですから全て専用構造にしてパワーアップと音のバランスを徹底的に研究いたします。
当然TBはストレート構造。排気量に合わせてタイコ内部パンチング径を変えており、また片側出しと左右出しでは排気の通る体積が違う分口径を変えて各排気量に合わせて設計しております。それを崩すとパワーアップしませんので全て専用設計です。

MERCEDES_W212_05

NAはストレート構造では低中速トルクが低下しますし、爆音になってしまいますので当社得意の二重管オリフィス構造にしてパワーアップ、トルクアップ。何よりもアクセルを踏んで楽しいマフラーに仕上げております。今のV型6気筒車は環境エンジンで希薄燃焼をしていますので排圧が小さく低速トルクも無くなりがちですので口径の細いいオリフィスを、更にトルクを補う為ロングタイプを採用。専用設計の良さをぜひ味わってください

そしてとうとう完成。

写真を何点か載せておきます。

MERCEDES_W212_06 MERCEDES_W212_07 MERCEDES_W212_08 MERCEDES_W212_09

E63はCクラスと違いリアアンダー部分が2分割になっており下の部分は無塗装で入って来ますのでお客様のお車に合わせて塗装する必要があります。
費用は純正E63アンダーと塗装で70,000円(税別)前後掛かります。
マフラーはハーフステンレスが258,000円(税別)。オールステンレスが348,000円(税別)です。
Cクラスより2万円高いのはあの複雑なテールの差額だとご理解下さい。

| このページのトップへ |

さて試乗して音とパワー感を確認します。

音は加速騒音規制対応なので本当に静か。Cクラスよりも車体が大きい分タイコ容量も大きいので仕方ありません。このまま内部構造をいじって抜け過ぎにすれば音量を大きくできますがそれではパワーが無くなってしまいます。私自身満足のいくマフラーが出来ません。どうかご理解してください。
パワーについてはCクラスが参考になると思いますのでパワーチェックのそのまま貼り付けます。ご参照ください。

MERCEDES_W212_11

本当にどれだけのパワーアップしたのか知りたくなりパワーチェックしてきました。
最初にお断りしておきますが、この車はお客様のオーナーカーですのでその場で何度も付け変えて、何度もパワーチェックとは出来ませんでした。したがってフロントパイプからのマフラー全交換のみのパワーチェックです。ご了承ください。
例によってメルセデスはシャーシーダイナモモードが隠されているのでこのモードに切り替え、各電子デバイスをキャンセルします。これは秘密ですので公にはできません。ご理解ください。

さてまずノーマルカタログパワーがCGI TBエンジンは184PSですので、ここの辛口シャーシーダイナモでは15%以上ロスしますので(これはエンジン以降ミッションを回し、プロペラシャフト、デフ、車輪を回し、最後はダイナモのローラーまで回しますので当然のダウン率です。逆にエンジンパワーがそのまま出る様では何らかの補正がしてあるのは明らかと言えます。)155PS位であるといえます。
そして計測されたパワーは、何と193.4PS!!これは凄い!!私自身驚きました。とはいえTBエンジン車ですのでマフラーを交換したため排気抵抗が減り、そのためにTBブースト圧が上がりパワーアップしたのでしょう。昔はTB全盛でしたからこんな感じでした。自分自身納得のパワーチェックでした。

MERCEDES_W212_10

最後にフロントパイプを開発します。

これを装着しないと音量がほとんどありませんし、本当のパワーアップを実現できません。純正はパイプが潰れていて効率が良くありませんし、E250のこの部分は触媒後からの交換になりますのでリーズナブルです。シュレンザーだけでは物足りないお客様に是非装着していただきたいです。
Cクラスと同様の形状をしておりますので順調に型取りを完成し、製品化できました。もちろん純正フランジ対応なので完全ボルトオン、純正ともシュレンザーとも互換性があり誰でも簡単に装着できます。
価格はストレートタイプが84,800円(税別)。タイコ付き静音タイプが94,800円(税別)です。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

乱筆お許し下さい。

 
株式会社 ジースプロジェクト

代表取締役  澤村 淳

| このページのトップへ |