MERCEDES W205 C43AMG

 

メルセデスベンツCクラスW205 C43AMG

C43AMGのご依頼が来ました。
当社W205で唯一設定が無かったC43。これでフルラインナップが揃います。
AMGがより安価な新しいセグメントを作り私も興味を持っておりましたので、頑張って良い製品を作りたいと思います。

まずはノーマルマフラーを外しますが・・・車体にピッタリと、本当にクリアランスなくぎりぎりに付いていますので脱着が大変です。
頑張って取り外しました。
ノーマルマフラーを調べてみるとメインパイプ径はかなり太く今の小さいタービンにハイブーストを掛ける仕様で出来ています。しかし車体とのクリアランスの狭い部分はかなり潰されており悲惨な作りです。消音気の容量も大きすぎて排気音がほとんど聞こえません。
これを全て埋めて抜けが良くハイパワーで、心地いい排気音が鳴るようにマフラーを作っていきます。

MERCEDES_W205_C43AMGMERCEDES_W205_C43AMG

 
純正のジョイントを完璧にフィットして結合できるように43AMG専用のジョイントを製作します。  
MERCEDES_W205_C43AMG
続いてパイピングですがジョイント部は極太の76.3φを使用し左右に振り分けてからは60.5φを使用します。純正と違い綺麗に溶接して振り分けます。また純正は全てが一体で大きくて重い構造ですが当社はメンテナンスに優れた3分割タイプにします。これなら交換も簡単ですよね。  
リアピースを外した状態で音量を計測すると、さすがにAMGエンジンだけあって凄く大きな音が鳴り響きます。これでは当社の他のW205のマフラーの様にディフューザーに2本のテールを持って行き4本出しでは作れません。音量が大き過ぎます。
左右1本出しにして出来るだけタイコの全長を長くして消音する必要があります。
MERCEDES_W205_C43AMG  
MERCEDES_W205_C43AMG MERCEDES_W205_C43AMG タイコ内部構造はTBエンジンのためストレート構造にしてパワーアップを。そして左右のパンチングパイプの合計容量がメインパイプ径の76.3φを少し上回り慣性による吸い出し効果も狙って、究極のパワーアップを目指します。
そして完成!!
取り回しも綺麗で満足なマフラーが出来ました。
MERCEDES_W205_C43AMG MERCEDES_W205_C43AMG MERCEDES_W205_C43AMG

そして試乗に出かけます。
はやる気持ちを抑えてエンジン始動!
??音が大きいぞ?これはいけません。この車は国の加速騒音試験を受けて車検対応品で販売するつもりです。もう一度設計を変更して製作し直します。

今度は・・・丁度いいです。適度に低音が響きますが高回転でうるさくなく、これなら試験もクリア出来そうです。
走りも低速から高回転まで全域で一回りパワーアップして気持ちいいです。これならお客様も満足いただけると思います。
今回はリアピースですが今後フロントパイプ、中間ピースも開発して究極のフルマフラーを製作するつもりです。オーナーの皆様、ご期待ください。

価格はリアピースでハーフステンレス198,000円、オールステンレス248,000円です。

 

W205 C43AMG フロント、中間ピース開発

それでは前回のリアピースに引き続きフロント中間ピースの開発に入ります。
これでフルパワーが実現しますのでオーナーの方は必見の良い商品を作りますのでよろしくお願いします。
3L V6ツインTBのポテンシャルを限界まで引き出しコンピュータとのセットで450psあたりがターゲットの本気仕様です!
それではまずノーマルマフラーを良く調べていきます。
作りが最新に変わっておりノーマル触媒後部のジョイントがカップリングになっています。大変良くできた完璧なジョイントでタービンのアウトレットに使う方法と同じになりました。さすがベンツ、素晴らしいですね。

MERCEDES_W205_11 MERCEDES_W205_12
MERCEDES_W205_13

ノーマルの各配管を見ていくとパイプ径が太くて大変良いのですが、やはりノーマル、クリアランスを確保すべく部分が潰されています。せっかく太いパイプを使っているのに勿体ないですね。

MERCEDES_W205_14 MERCEDES_W205_15 MERCEDES_W205_16
この潰れ部分を全てなくし片バンクずつ60.5φを。集合してからはオール76.3φで製作していきます。
まずはジョイント部分。
純正に完全に合わせカップリングを製作します。
 
MERCEDES_W205_17 MERCEDES_W205_18 MERCEDES_W205_19
MERCEDES_W205_20 ノーマルで潰れていたフレキシブルチューブ部分も潰れなしで製作。
消音気は純正の様に前部分ではなく後ろにセットして左右バンクの集合部分を出来るだけ後ろに持ってきます。フロント部分はよりスムーズに排気ガスを流す努力をします。これはどの部分よりも高温、高圧ですので排気抵抗を極力なくすように製作します。
MERCEDES_W205_21
MERCEDES_W205_23 フロントと中間が一体式の純正に比べて別々にしてメンテナンスを良くします。

続いて中間ピース。
排気の流れが一本にまとまってスムーズに流れる途中に消音気をセットします。これならば抵抗も全くありませんし、高温による消音材の劣化も防止できます。
 

| このページのトップへ |

 

バーの上部分にスペースが無く、この部分は純正も潰されていた位置ですが当社は追加ステーを取り付けることによって走行中の揺れによる車体との干渉を無くし潰れが全くないレイアウトを実現しました。
MERCEDES_W205_24
最後にリアピースのジョイントを製作します。 そしてリアピースと結合して完成です!!
MERCEDES_W205_25   MERCEDES_W205_26  
       

美しいレイアウトで満足の商品が出来ました。フロント、中間のピースですが私のこだわりが数多く詰まった究極の商品です。
オーナーの方、是非よろしくお願いいたします。

最後に試乗に出かけます。
エンジンを掛けたすぐに抵抗の無さそうな音質に変化しました。これこそがフロント中間交換の音質です。走りもノーマルを一回りトルクアップした感じで非常に乗り易く、ブーストの立ち上がりも純正より低回転から効くようになりました。これは楽しい!!
これでコンピュータをセッティングしてフルパワーで走りたいです。
大満足の試乗を終えて今回も満足の行くマフラーが出来ました。

価格はフロントパイプ、中間ピースのセットで198,000円です。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

乱筆お許し下さい。

 

株式会社 ジースプロジェクト

代表取締役  澤村 淳

| このページのトップへ |